TOP

ドッグフードは幼犬、成犬、高齢犬の時期によっても与える固さ、やわらかさ、栄養素の種類を変えることが大切。

成長過程でドッグフードを変える?ドッグフード選びのポイントとは?

現代のポピュラーなドッグフードの種類と成長過程を考慮!

成長過程でドッグフードを変える?ドッグフード選びのポイントとは?

 

 

犬のドッグフード選びは、大切な愛犬の目先の健康だけでなく、先の寿命をも左右する非常に重要な要素です。

 

意外に「大体これで・・・」という選び方をされている方は多いのですが、犬の種類によってはあまり不向きのドッグフードだったり、栄養が足りていなかったりすることも。
現在市販されているドッグフードの種類や、特徴について正しく理解することで、愛犬に適切な食事かどうか改めて考察してみましょう

 

現代のポピュラーなドッグフードの種類

 

・ドライフード

 

ドッグフードは製法・水分含有量の違いで「ドライフード」と「ウェットフード」に分けられますが、ドライフードの利点は開封後も日持ちする点にあります。栄養バランスにも優れています。

 

・ウェットフード

 

ウェットフードはドライフードと全く異なり、水分を含んでいて素材の瑞々しさが残っています。おかず形式のものが主流で、総合栄養食と併用して提供します。

 

・セミモイストフード

 

セミモイストとは「半生」という意味です。食感の柔らかさがあり、子犬や高齢犬のえさとして推奨されています。カロリーが控えめであるにもかかわらず、犬全般的に喜んで食べる傾向があります。

 

この3種が主流ですが、この他、間食として与えるおやつ・サプリメントや、歯の病気に配慮したデンタルケアフードなどもニーズが増えています。
また、以下のように、愛犬が成長していく中で、その年齢ごとに適切なドッグフード選びを考えることもとても大切です。

 

成長過程によって変える上手なドッグフードの選び方

 

幼犬(生後半年ほどの期間)

 

みるみる成長をする幼犬の時期、非常に多くのたんぱく質を必要とします。離乳期には目安として1日に5~6回のえさを与え、生後6ヵ月ほど過ぎるまでで、少しづつ与える回数を減らし1日2回に推移していきます。

 

成犬(10ヶ月前後~6歳過ぎ前後まで)

 

1日に2度、朝夕の2回に分けて与えましょう。分量は製品メーカーが掲載している犬種ごとの解説に従って適切な量を与えます。

 

高齢犬(7歳以降)

 

犬は10歳を超えると立派な高齢犬と言われていますが、7歳を過ぎたあたりから体のエネルギー代謝は右肩下がりに入ります。栄養素のリカバリー等、早めの考慮をし、この時期にシニア向けのフードに切り替えていきましょう。おすすめは低カロリー、高たんぱく質のドッグフードです。

 

 

 

 

愛犬の食事と健康対策・売れ筋ランキング!

 

aikona-あいこな

 

愛犬の生活習慣病・アレルギーや皮膚病・涙やけ・食ふん対策口コミNo1!腸内環境を整え口臭やうんちのイヤなニオイも防ぐわんちゃん専用、腸内サプリメントです。

ずっと一緒だワン

 

犬ごはんシェフが監修したとびきりの美味しさ!長生き酵素と乳酸菌の働きで、愛犬の健康をサポート!太っている犬のダイエット食としてもおすすめ!愛犬の腸内環境をサポートするサプリメント『ずっと一緒だワン』!

ベジタブルサポート

 

健康に必要な栄養を、犬が吸収しやすい!犬の栄養療法のために、獣医師との共同開発により誕生した、全国3,000軒以上の動物病院に採用されているペット用サプリメント!いつものごはんにふりかけるだけで、簡単に使えます。

 

MandarineBros NEW ITEMS!!

 

 

MandarineBrosからリリースの最新お出かけグッズがずらり!!

 

ワンちゃんが中に入れるバッグは新たにリュックタイプが新登場!!秋~春先まで着られる犬のダウンジャケットは愛くるしい見た目はもちろん寒さ対策にも抜群の効果!フード付きのパーカーや、家着としてもおすすめのシャツなどカジュアルな犬の服がもりだくさん!アウトドアに♪ショッピングに♪愛犬とのお出かけが楽しくなる新作デザインは必見です☆

 

 

小型犬のエサの回数と量
小型犬の犬種のワンちゃんが生まれてすぐに食する食べ物。または代理品にはどんなものがあるのか。離乳食の時期にはどのように食べさせるのがよいのか... 続きを読む≫
ご飯に貪りつく子犬のわんちゃんたち
犬やペットのために、正しい栄養バランスの知識を深めましょう。犬の成長期に重要な栄養素にはどんなものがあるのか?また、摂取するバランスはどの程... 続きを読む≫
小型犬の成長期(1歳~)
小型犬のワンちゃんが1歳を過ぎて成犬になったらどのぐらいの分量や回数で食事を与えたら良いのか考えてみましょう。また運動が活発な小型犬などにお... 続きを読む≫
小型犬の食事の量や回数
小型犬の犬種のワンちゃんは活発で運動的な犬種から、室内であまり動きたがらないワンちゃんまで多種にわたります。それぞれに食事の分量も異なり、さ... 続きを読む≫
犬のえさ
小型犬の犬に食事を摂らせる場所はどんなところが良いのでしょう。またエサを与える際に注意したいポイントはどんなところなのか考察してみましょう。... 続きを読む≫
エサが待つワンちゃん
ドッグフードには、犬のサイズや犬種、年齢に配慮して作られた製品や、デンタルケアや健康、しつけなどの目的に応じて作られた製品があります。種類や... 続きを読む≫
犬の食事と膝の病気のこと
小型犬や高齢犬に多い犬の病気「膝関節障害」を防ぐためにふだんの食事から摂らせたい栄養素とは何か?膝関節の病気の仕組みと補う成分の力で高齢にな... 続きを読む≫
犬も夏バテ?原因は食事?病気?
真夏は、私たち人間も犬も夏バテで食欲不振になりがちです。暑さで体力を消耗するからこそ、食事できちんと栄養補給を行わなければ、健やかに夏を乗り... 続きを読む≫
ドッグフードの選び方
犬のドッグフードのうちポピュラーな3種類(ドライフード・ウェットフード・セミモイストフード)の特徴と用途についてそれぞれの違いをポイント解説... 続きを読む≫
犬種に適した食事(ドッグフード)を提供する大切さ
犬は食事を選べません。生きるために与えられた食事を食べようとします。愛犬に適切な食事を与えるために知っておきたいアレルギー物質の含まれる食品... 続きを読む≫
犬がドッグフードを食べたい(食欲が無い)
「犬が与えたドッグフードをいつも食べない」場合、または「前は食べていたが、最近になって食べなくなった」場合。どのようなことが要因となっている... 続きを読む≫
犬は野菜を食べる?
犬に野菜は必要か?与えるとすれば?など気になる私たちの食事との違いを考察しています。また犬に野菜を調理して与える場合に気をつけたいポイントや... 続きを読む≫