TOP

犬のブラッシングの大切さと方法、コツについて解説!

犬のブラッシングはなぜ必要?方法とコツについて

犬のブラッシングはなぜ必要?方法とコツについて

犬のブラッシングはなぜ大切?

 

トリミングサロンの施術台にあがってカメラを見つめるワンちゃん

 

 

たとえば、トイプードルやヨークシャーテリアのような被毛の長い犬種であっても、フレンチブルドッグやパグのような超短毛犬種と呼ばれる犬種であっても、基本的には毎日のブラッシングとシャンプー前のブラッシングは欠かすことができません。

 

ブラッシングをすることで、毛が抜け落ちることを防ぎ、被毛が毛玉になることを防ぎます。また、皮膚の角質が剥がれることで発生するフケも除去でき、ノミやダニの予防になったりするので、皮膚病の予防にも繋がります。

 

愛犬の毎日のケアとしてしなければならないことの一つと認識し飼い主さん自身の習慣にもできればベストです。日常的にブラッシングしてあげることで言葉を発しないワンちゃんが体から発するシグナルや病気の予兆も察知することができます。

 

シャンプーの前にブラッシングを理由は、毛が絡まっている状態で洗うとバランスよく丁寧に洗うことが困難になるため。洗浄の際の作業効率を上げるためでもあります。

 

犬のブラッシングのコツは?

 

 

 

ドッグトレーナーの先生がブラッシングの必要性や方法について動画で細かく解説してくださっています。やっぱり最初は嫌がる素振りも見せたりしますので、まずはブラシに慣れることから♪。ご褒美をあげながら優しく接することで徐々にブラシへの抵抗がなくなっていきます♪

 

ブラッシング時に用いるスリッカーブラシはソフトとハードを使い分けると便利です。ソフトを使う場合は、小さな毛のもつれや、毛質のやわらかい小型犬に用い、ハードは長毛の犬種で毛のもつれを取るときや、毛玉をほぐすときに、また短毛の犬種の場合は換毛期に出る抜け毛の除去に使用します。日常的にはソフトが活躍することになります。

 

ブラッシングはやっつけ仕事のように表面だけを梳かすだけではあまりきちんと手入れできているとはいえません。仮に被毛の長い犬種であれば、被毛を持ち上げて、毛の根元からきちんとブラッシングしてあげるようにしましょう。

 

また、ブラッシングをする際、気をつけるべき点は、ブラッシングに用いるスリッカーブラシなどをあまり皮膚に押し当てず、皮膚を傷つけることなく行うことが大切です。力加減を工夫し行いましょう。

 

初めて挑戦する方でも、自分の髪の毛を梳かす際と若干似ています。クシで頭を梳かす際も、とおりが悪いのに強引に梳かすとブチブチと髪の毛が抜けると思いますが、犬の被毛も同じです。優しく丁寧にゆっくりと。そして無理せず愛情をもって行いましょう。

 

 

 

 

ペットのイヤなニオイ対策用品

 

 

ペットの気になる臭いニオイ対策に人気のカンファペット!

 

ペットの気になる臭いニオイ対策に人気のカンファペット!

強力消臭・強力除菌!不快なにおいの成分を元から分解して無臭化!万が一ペットの目や口に入っても安全に作られています。味の素、キッコーマン、アサヒビール、日本赤十字社など、500社以上の企業の現場にも採用されているニオイ対策の決定版!

 

 

 

 

愛犬とのお出かけに♪MandarineBros最新アイテム特集!

 

お風呂上がりの室内着に!寒さ対策や汚れ対策にあると嬉しい犬用バスローブ! ふんわり柔らかコットン生地で着心地・保温性抜群!秋冬おすすめのスウェットパーカー!
優しいパステル基調のおしゃれなカモフラージュデザイン!小型犬用のキャリーバッグ☆ お散歩時のエチケット用に♪マナーポーチとして♪オーナーさんの便利ツール、チョークバッグ!
カジュアルに!スポーティーに!寒さも防げて見た目も可愛くおしゃれ!MBのカレッジロゴスウェット! 雨風を凌いで防寒対策!皮膚の弱い犬種の防護服に!ちょっとしたお出かけにも使える犬用レインコート!
キャリー部分を取り外すとショルダーバックとしても活躍!最新、犬猫用キャリーバッグ! アイビーリードを取り入れたシンプルでかわいいデザインの犬のリード☆丈夫な作りも人気のポイント!
トリミングサロンの施術台にあがってカメラを見つめるワンちゃん
犬のブラッシングも中型犬などと同様スリッカーブラシを用いるのが一般的です。ハードは、長毛の犬種で毛のもつれほぐし用や短毛犬種の抜け毛ケアに。... 続きを読む≫
歯ブラシを咥えて歯磨きをするトイプードル
犬も、私たち人間同様、食事をすると、食後、歯にカスが付着します。もしも、歯磨きをせずに放置すると、歯垢はやがて歯石となり、歯槽膿漏、歯肉炎と... 続きを読む≫
目を強調して撮影されたワンちゃんの顔
小型犬のワンちゃんも目の病気のケアをかねて、毎日、目を掃除してあげることが大切です。その簡単な方法のことや掃除を怠った際に患う可能性のある眼... 続きを読む≫
垂れ耳が特徴的なペキニーズの写真
小型犬の耳の掃除について考察しています。掃除の方法や、犬種によっても異なる耳の汚れについて触れています。綿棒やガーゼを使用する場合の掃除を行... 続きを読む≫
小型犬の足の爪の画像
小型犬はサイズが小さい分、抱きかかえやすく爪のお手入れもしやすいですが、手足のサイズが小さい分、作業は繊細でもあります。犬種によって異なるカ... 続きを読む≫
小型犬の散歩風景画像
「小型犬は散歩があまり必要ない」これは、=大型犬ほどはする必要ない、という意味です。もちろん小型犬もずっと室内ではストレスも溜まりますし運動... 続きを読む≫
室内トイプー画像
犬のシャンプーを毎日しない理由や、丁度良いペース、またシャンプー時にはどのような点に気をつけたら良いかなどを考察しています。慣れるまでは特に... 続きを読む≫
健気なトイプードルの子犬
子犬から飼い始め数ヶ月、そろそろ顔や全身の被毛が伸びてカットが必要と考えた場合、いつからトリミングサロン等で施術をお願いすべきか、専門家のご... 続きを読む≫
おしっこをしたそうに立ち上がる室内犬
室内犬用のトイレを家の室内に設ける場合、どのようなことに気をつけて設置すればよいか?また、犬の習慣や癖についても考察しています。独り自宅でお... 続きを読む≫
こちらを見つめるボロニーズの子犬の写真
小型犬を飼う醍醐味である室内飼育。どうしても避けて通れないのはノミやダニ、ハウスダストといったミクロの害虫や皮膚疾患の原因となりうる雑菌との... 続きを読む≫
しつけの訓練を受ける小型犬の子犬
室内飼育している愛犬が粗相のない成犬に育つためのトイレトレーニング方法です。犬がトイレをしたくなるタイミングで飼い主さんがトイレへと誘導する... 続きを読む≫
室内でぐったりして飲み物にありつく犬
犬は私たち人間と異なり発汗による体温調節ができないため、熱中症を患いやすく、症状が出ているときには見過ごすことはできません。早期に症状に気づ... 続きを読む≫
熱中症でぐったりする犬
愛犬が熱中症と思われる症状になっているのを発見したら、まずは飼い主さん自身が冷静に応急処置に取り掛かることがとても大切です。慌てて冷やそうと... 続きを読む≫
夏バテして舌を出した室内飼育のパグ
夏場、猛暑日になるとついついエアコンの温度を過度に下げてしまいがちですが、室内犬を飼っているご家庭では適度な温度に調節して過ごすことも考えな... 続きを読む≫
涙やけの症状の疑いのあるチワワ
小型犬の人気犬種、トイプードルやチワワ、マルチーズなどに多く診られる涙やけという目の症状。涙やけはどのような事が要因で被毛の変色が起こるのか... 続きを読む≫