TOP

室内犬も熱中症になる?犬が熱中症になるとどういった症状が出始めるのか?考察してみましょう。

犬も熱中症対策?〔犬の熱中症の症状〕

犬が熱中症になるとどんな症状を示す?

犬が熱中症になるとどんな症状が出る?

 

室内でぐったりして飲み物にありつく犬

 

熱中症は、熱射病、日射病とも呼ばれ、高温多湿の空間で、上手に発汗による体温調節ができなくなり、臓器に障害が生じてしまう状態に陥いる危険な症状です。

 

私たち人間だけが患う症状のようなイメージですが、実は、ワンちゃんも熱中症になる危険性があります。

 

犬が熱中症になるとどんな症状となって現れる?

 

私たち人間は、全身から汗を排出することで体温をコントロールしようとしますが、犬は手足の肉球からでしか発汗ができません。そのため、真夏は私たち人間と同様かそれ以上に、熱中症や日射病に気をつけなければなりません。

 

特に、気をつけたいのは、室内での事故です。

 

「お部屋の中だから大丈夫」という過信が思いもよらぬ事故へと繋がってしまうケースが後を絶ちません。

 

エアコンを使用し室内気温を調整していても、窓際にケージやサークルが置いてある環境や、十分に水分を摂らせない環境は間接的に熱中症を招く危険性があります。

 

犬が熱中症になった際の初期症状は、まずは呼吸器系の異常となって症状に表れます。運動をしていない普段の状態で、運動したときのような「ハァハァぜぇぜぇ」と言う状態で苦しそうにしています。

 

そして直腸体温が40~41℃前後に達すると脈も速くなり口内粘膜が鮮紅色に染まっているのを確認できます。
この状態が悪化すると、血の混ざった嘔吐をしたり、下痢やひきつけを起こしたりもします。
これぐらいひどい状況では血圧が低下、心音も弱まり、呼吸不全を併発している場合も。
最悪のケースではショック症状となり死に至るケースもあります。

 

もちろんこれらは愛犬の熱中症に気づくことが遅れて、放置されたときの熱中症の発展の可能性です。
私たち人間と同様に、生活環境における暑さ対策や、水分補給、食事での栄養補給など配慮がされていれば、未然に防ぐことができますし、早期に熱中症の初期段階で気づくことができればこのような悪化を防ぐこともできます。

 

最近では様々な犬の熱中症対策済み製品や、熱中症対策アイテムも市販されていますので、そういったアイテムを活用してみたり、冷却したタオルや飲料を上手に使った間接クーラーのようなアイデアも上手に組み合わせて、手軽にできる熱中症対策も取り組んでみてはいかがでしょう。

 

 

 

 

ペットのイヤなニオイ対策用品

 

 

ペットの気になる臭いニオイ対策に人気のカンファペット!

 

ペットの気になる臭いニオイ対策に人気のカンファペット!

強力消臭・強力除菌!不快なにおいの成分を元から分解して無臭化!万が一ペットの目や口に入っても安全に作られています。味の素、キッコーマン、アサヒビール、日本赤十字社など、500社以上の企業の現場にも採用されているニオイ対策の決定版!

 

 

 

 

 

相場はどれぐらい?ペット保険を合見積もり!

 

 

ペット保険を一括査定できる!?

 

人気のペット保険がずらり!希望の条件に合わせてまずは無料資料請求からトライできる!保険料の試算もカンタンにできる便利なサービスです。

 

 

 

 

 

 

 

かわいい犬の洋服・トートバッグ・キャリーバッグ特集!

 

カジュアルな着こなしに半袖ワークシャツ!着脱は楽々マジックテープ式☆ 愛犬のアウトドアウェア!人間さながらのデザイン☆犬用マウンテンパーカー!
大人気!犬のアメカジスタイル、MandarineBrosのライダーズクルースウェットに待望の中型犬サイズが新登場! 外蓋2重構造!夏は通気口で風通し調整!大人気トートバック犬用キャリー!

通常サイズのバッグよりも高さが5cmアップ!MBの大人気ビッグポケットキャリーバッグLサイズにCamouflargeが登場♪ 愛犬の床ずれ対策・寒さ対策に!室内犬用ベッド☆インテリアとしてもおしゃれな迷彩色で大人気!
近所のお出かけに♪遠出でペット同伴旅行にも♪おしゃれでかわいいスウェットパーカー! ペット同伴時、オーナーさん便利グッズ☆うんち入れ、リード収納などアレコレ便利なウォーキングエプロン!
トリミングサロンの施術台にあがってカメラを見つめるワンちゃん
犬のブラッシングも中型犬などと同様スリッカーブラシを用いるのが一般的です。ハードは、長毛の犬種で毛のもつれほぐし用や短毛犬種の抜け毛ケアに。... 続きを読む≫
歯ブラシを咥えて歯磨きをするトイプードル
犬も、私たち人間同様、食事をすると、食後、歯にカスが付着します。もしも、歯磨きをせずに放置すると、歯垢はやがて歯石となり、歯槽膿漏、歯肉炎と... 続きを読む≫
目を強調して撮影されたワンちゃんの顔
小型犬のワンちゃんも目の病気のケアをかねて、毎日、目を掃除してあげることが大切です。その簡単な方法のことや掃除を怠った際に患う可能性のある眼... 続きを読む≫
垂れ耳が特徴的なペキニーズの写真
小型犬の耳の掃除について考察しています。掃除の方法や、犬種によっても異なる耳の汚れについて触れています。綿棒やガーゼを使用する場合の掃除を行... 続きを読む≫
小型犬の足の爪の画像
小型犬はサイズが小さい分、抱きかかえやすく爪のお手入れもしやすいですが、手足のサイズが小さい分、作業は繊細でもあります。犬種によって異なるカ... 続きを読む≫
小型犬の散歩風景画像
「小型犬は散歩があまり必要ない」これは、=大型犬ほどはする必要ない、という意味です。もちろん小型犬もずっと室内ではストレスも溜まりますし運動... 続きを読む≫
室内トイプー画像
犬のシャンプーを毎日しない理由や、丁度良いペース、またシャンプー時にはどのような点に気をつけたら良いかなどを考察しています。慣れるまでは特に... 続きを読む≫
健気なトイプードルの子犬
子犬から飼い始め数ヶ月、そろそろ顔や全身の被毛が伸びてカットが必要と考えた場合、いつからトリミングサロン等で施術をお願いすべきか、専門家のご... 続きを読む≫
おしっこをしたそうに立ち上がる室内犬
室内犬用のトイレを家の室内に設ける場合、どのようなことに気をつけて設置すればよいか?また、犬の習慣や癖についても考察しています。独り自宅でお... 続きを読む≫
こちらを見つめるボロニーズの子犬の写真
小型犬を飼う醍醐味である室内飼育。どうしても避けて通れないのはノミやダニ、ハウスダストといったミクロの害虫や皮膚疾患の原因となりうる雑菌との... 続きを読む≫
しつけの訓練を受ける小型犬の子犬
室内飼育している愛犬が粗相のない成犬に育つためのトイレトレーニング方法です。犬がトイレをしたくなるタイミングで飼い主さんがトイレへと誘導する... 続きを読む≫
室内でぐったりして飲み物にありつく犬
犬は私たち人間と異なり発汗による体温調節ができないため、熱中症を患いやすく、症状が出ているときには見過ごすことはできません。早期に症状に気づ... 続きを読む≫
熱中症でぐったりする犬
愛犬が熱中症と思われる症状になっているのを発見したら、まずは飼い主さん自身が冷静に応急処置に取り掛かることがとても大切です。慌てて冷やそうと... 続きを読む≫
夏バテして舌を出した室内飼育のパグ
夏場、猛暑日になるとついついエアコンの温度を過度に下げてしまいがちですが、室内犬を飼っているご家庭では適度な温度に調節して過ごすことも考えな... 続きを読む≫
涙やけの症状の疑いのあるチワワ
小型犬の人気犬種、トイプードルやチワワ、マルチーズなどに多く診られる涙やけという目の症状。涙やけはどのような事が要因で被毛の変色が起こるのか... 続きを読む≫