TOP

子犬のトリミングはいつからが一般的にOKなのでしょうか?

幼犬のトリミングはいつからOK?

犬のトリミングは何歳ぐらいから?

小犬のトリミングはいつからOK?

 

健気なトイプードルの子犬

 

人間は1歳でもまだまだヨチヨチ歩きの赤ん坊ですが、犬はみるみるうちに成長をします。

 

この成長期間、飼い主さんは色々と不慣れなことで大変です。

 

なぜなら、感染症や狂犬病の予防接種を受けさせたり、わがままな成犬に育たないようしつけを強化したり、この時期にしかできないイベントで大忙しだからです。

 

さらに成長期は、カラダの被毛もケアが大変な時期です。

 

生後間もなくから飼い始めた子犬も1年経たずして被毛ふさふさの成犬へと成長をするため、いずれかの時期に、トリミングを考える飼い主さんが多く、小犬を何ヶ月ぐらいからトリミングへ連れて行くかなどの不安の声が多く聞かれます。

 

トリミングサロンさんによっても対応は異なりますが、一般的には生後3ヶ月以上でワクチン接種後2週間以上経過でOKというお店が多く、場合によってはそれ以上の経過が必要と、断られてしまうサロンさんもいらっしゃいます。

 

被毛のカットなども施術してくださるお店はたくさんありますが、最初の不慣れなうちはシャンプーコースのみにしたりしてなるべく短時間で負担がかからないようにすることをおすすめします。

 

最近では顔の毛のカットも手軽にプロに依頼することができます。セルフで行うと難しい作業も専門の施術師さんだとやはり仕上がりが違い凛々しく整います。何度目かのタイミングで1度試してみるのも良いかもしれません。

 

 

 

 

ペットのイヤなニオイ対策用品

 

 

ペットの気になる臭いニオイ対策に人気のカンファペット!

 

ペットの気になる臭いニオイ対策に人気のカンファペット!

強力消臭・強力除菌!不快なにおいの成分を元から分解して無臭化!万が一ペットの目や口に入っても安全に作られています。味の素、キッコーマン、アサヒビール、日本赤十字社など、500社以上の企業の現場にも採用されているニオイ対策の決定版!

 

 

 

 

 

相場はどれぐらい?ペット保険を合見積もり!

 

 

ペット保険を一括査定できる!?

 

人気のペット保険がずらり!希望の条件に合わせてまずは無料資料請求からトライできる!保険料の試算もカンタンにできる便利なサービスです。

 

 

 

 

 

 

 

愛犬もリビングで家族団らん!

 

 

 

 

フローリングに直接では可愛そうだったワンちゃんの居場所ができる♪

 

人気ペットアパレルブランド、MandarineBrosの大人気室内犬用、クッション&カドラー!シンプルでカジュアルなデザインはインテリアにも溶け込むおしゃれスタイル!

トリミングサロンの施術台にあがってカメラを見つめるワンちゃん
犬のブラッシングも中型犬などと同様スリッカーブラシを用いるのが一般的です。ハードは、長毛の犬種で毛のもつれほぐし用や短毛犬種の抜け毛ケアに。... 続きを読む≫
歯ブラシを咥えて歯磨きをするトイプードル
犬も、私たち人間同様、食事をすると、食後、歯にカスが付着します。もしも、歯磨きをせずに放置すると、歯垢はやがて歯石となり、歯槽膿漏、歯肉炎と... 続きを読む≫
目を強調して撮影されたワンちゃんの顔
小型犬のワンちゃんも目の病気のケアをかねて、毎日、目を掃除してあげることが大切です。その簡単な方法のことや掃除を怠った際に患う可能性のある眼... 続きを読む≫
垂れ耳が特徴的なペキニーズの写真
小型犬の耳の掃除について考察しています。掃除の方法や、犬種によっても異なる耳の汚れについて触れています。綿棒やガーゼを使用する場合の掃除を行... 続きを読む≫
小型犬の足の爪の画像
小型犬はサイズが小さい分、抱きかかえやすく爪のお手入れもしやすいですが、手足のサイズが小さい分、作業は繊細でもあります。犬種によって異なるカ... 続きを読む≫
小型犬の散歩風景画像
「小型犬は散歩があまり必要ない」これは、=大型犬ほどはする必要ない、という意味です。もちろん小型犬もずっと室内ではストレスも溜まりますし運動... 続きを読む≫
室内トイプー画像
犬のシャンプーを毎日しない理由や、丁度良いペース、またシャンプー時にはどのような点に気をつけたら良いかなどを考察しています。慣れるまでは特に... 続きを読む≫
健気なトイプードルの子犬
子犬から飼い始め数ヶ月、そろそろ顔や全身の被毛が伸びてカットが必要と考えた場合、いつからトリミングサロン等で施術をお願いすべきか、専門家のご... 続きを読む≫
おしっこをしたそうに立ち上がる室内犬
室内犬用のトイレを家の室内に設ける場合、どのようなことに気をつけて設置すればよいか?また、犬の習慣や癖についても考察しています。独り自宅でお... 続きを読む≫
こちらを見つめるボロニーズの子犬の写真
小型犬を飼う醍醐味である室内飼育。どうしても避けて通れないのはノミやダニ、ハウスダストといったミクロの害虫や皮膚疾患の原因となりうる雑菌との... 続きを読む≫
しつけの訓練を受ける小型犬の子犬
室内飼育している愛犬が粗相のない成犬に育つためのトイレトレーニング方法です。犬がトイレをしたくなるタイミングで飼い主さんがトイレへと誘導する... 続きを読む≫
室内でぐったりして飲み物にありつく犬
犬は私たち人間と異なり発汗による体温調節ができないため、熱中症を患いやすく、症状が出ているときには見過ごすことはできません。早期に症状に気づ... 続きを読む≫
熱中症でぐったりする犬
愛犬が熱中症と思われる症状になっているのを発見したら、まずは飼い主さん自身が冷静に応急処置に取り掛かることがとても大切です。慌てて冷やそうと... 続きを読む≫
夏バテして舌を出した室内飼育のパグ
夏場、猛暑日になるとついついエアコンの温度を過度に下げてしまいがちですが、室内犬を飼っているご家庭では適度な温度に調節して過ごすことも考えな... 続きを読む≫
涙やけの症状の疑いのあるチワワ
小型犬の人気犬種、トイプードルやチワワ、マルチーズなどに多く診られる涙やけという目の症状。涙やけはどのような事が要因で被毛の変色が起こるのか... 続きを読む≫