TOP

犬が熱中症になってしまったときの応急処置について知って得する予備知識を高めましょう。

犬が熱中症になったら?〔応急処置の方法〕

犬が熱中症になってしまった場合の応急処置

犬が熱中症になった場合の応急処置は?

 

熱中症でぐったりする犬

 

急に愛犬がぐったり熱中症のような症状に見舞われてしまった場合、飼い主さんがすぐに取るべき行動を考えましょう。

 

熱中症と思われる症状に気づいたら?

 

まずは飼い主さん自身が冷静に落ち着いて対処することが大切です。突然の症状に飼い主さん自身がパニックとなり、慌てて氷水をかけてしまったり、症状や程度の確認も行わず不適切な処置をしてしまうと逆効果だったりよけいに症状を悪化させてしまう危険性もあります。

 

落ち着いて、症状を見極め、冷静かつ迅速にとるべき行動と応急処置を行いましょう。

 

意識の確認と場所の移動

 

熱中症と思われる症状に気づいたら、迅速に涼しい場所へと運び、身体を冷やしながら意識の確認を行いましょう。

 

日の当たる窓際や、熱風の入ってくるドアの出入り口を避け、冷房が苦手な愛犬であっても、一時的に空調の涼しさを活用するのも悪いことではありません。とにかく涼しい場所へ移動させましょう。

 

水分の補給

 

意識がある場合には、その場で、水分を十分に摂らせましょう。水分と電解質を含んだ飲み物があれば理想的です。私たち人間が飲む、ポカリスエット、アクエリアスなどのスポーツ飲料を飲ませる場合には、水で半々に薄めて飲ませると理想的です。

 

同時に、水を含んだタオルを、頭やわきの下、内股のつけねなど体温の高い部分に挟んで、冷やすのも忘れずに行いましょう。

 

体温を下げるために

 

エアコンの温度を確かめましょう。熱中症を起こしているということは、温度設定に誤りがある可能性があります。まずは一度、20度付近にまで急激に下げて、犬の様子を確認します。落ち着いたら25度前後へ調整できれば理想的です。

 

冷却シートを活用する場合には、冷やしすぎないよう注意が必要です。

 

理想体温の39℃付近になったら冷やすのを止め、迅速に獣医さんやペット病院へ連れて行って診察を受けるようにしましょう。

 

意識がない場合には

 

処方を自己判断で行うのは危険です。身体を冷やす応急処置を施しながら、迅速にペット病院へ運びましょう。

 

連れて行く際は意識が戻ったときのために、スポーツドリンクやイオン飲料などを水で薄めた飲料を、いつでも口に含ませてあげられる状態で携帯しましょう。

 

また、こういったペットが緊急で病気や怪我を患った際、慌てないよう、連れて行く病院は、常日頃から目星をつけておくことが大切です。

 

こうした知識や情報も事前に備えておくことで、パニックにならず取るべき行動を取ることができます。
まさに備えあれば憂いなしです。

 

 

 

 

ペットのイヤなニオイ対策用品

 

 

ペットの気になる臭いニオイ対策に人気のカンファペット!

 

ペットの気になる臭いニオイ対策に人気のカンファペット!

強力消臭・強力除菌!不快なにおいの成分を元から分解して無臭化!万が一ペットの目や口に入っても安全に作られています。味の素、キッコーマン、アサヒビール、日本赤十字社など、500社以上の企業の現場にも採用されているニオイ対策の決定版!

 

 

 

 

 

相場はどれぐらい?ペット保険を合見積もり!

 

 

ペット保険を一括査定できる!?

 

人気のペット保険がずらり!希望の条件に合わせてまずは無料資料請求からトライできる!保険料の試算もカンタンにできる便利なサービスです。

 

 

 

 

 

 

 

かわいい犬服・雨具、トート・スリングバッグ…etc!

 

カジュアルな着こなしに半袖ワークシャツ!着脱は楽々マジックテープ式☆ 愛犬のアウトドアウェア!人間さながらのデザイン☆犬用マウンテンパーカー!
大人気!犬のアメカジスタイル、MandarineBrosのライダーズクルースウェットに待望の中型犬サイズが新登場! 外蓋2重構造!夏は通気口で風通し調整!大人気トートバック犬用キャリー!

通常サイズのバッグよりも高さが5cmアップ!MBの大人気ビッグポケットキャリーバッグLサイズにCamouflargeが登場♪ 愛犬の床ずれ対策・寒さ対策に!室内犬用ベッド☆インテリアとしてもおしゃれな迷彩色で大人気!
近所のお出かけに♪遠出でペット同伴旅行にも♪おしゃれでかわいいスウェットパーカー! ペット同伴時、オーナーさん便利グッズ☆うんち入れ、リード収納などアレコレ便利なウォーキングエプロン!
トリミングサロンの施術台にあがってカメラを見つめるワンちゃん
犬のブラッシングも中型犬などと同様スリッカーブラシを用いるのが一般的です。ハードは、長毛の犬種で毛のもつれほぐし用や短毛犬種の抜け毛ケアに。... 続きを読む≫
歯ブラシを咥えて歯磨きをするトイプードル
犬も、私たち人間同様、食事をすると、食後、歯にカスが付着します。もしも、歯磨きをせずに放置すると、歯垢はやがて歯石となり、歯槽膿漏、歯肉炎と... 続きを読む≫
目を強調して撮影されたワンちゃんの顔
小型犬のワンちゃんも目の病気のケアをかねて、毎日、目を掃除してあげることが大切です。その簡単な方法のことや掃除を怠った際に患う可能性のある眼... 続きを読む≫
垂れ耳が特徴的なペキニーズの写真
小型犬の耳の掃除について考察しています。掃除の方法や、犬種によっても異なる耳の汚れについて触れています。綿棒やガーゼを使用する場合の掃除を行... 続きを読む≫
小型犬の足の爪の画像
小型犬はサイズが小さい分、抱きかかえやすく爪のお手入れもしやすいですが、手足のサイズが小さい分、作業は繊細でもあります。犬種によって異なるカ... 続きを読む≫
小型犬の散歩風景画像
「小型犬は散歩があまり必要ない」これは、=大型犬ほどはする必要ない、という意味です。もちろん小型犬もずっと室内ではストレスも溜まりますし運動... 続きを読む≫
室内トイプー画像
犬のシャンプーを毎日しない理由や、丁度良いペース、またシャンプー時にはどのような点に気をつけたら良いかなどを考察しています。慣れるまでは特に... 続きを読む≫
健気なトイプードルの子犬
子犬から飼い始め数ヶ月、そろそろ顔や全身の被毛が伸びてカットが必要と考えた場合、いつからトリミングサロン等で施術をお願いすべきか、専門家のご... 続きを読む≫
おしっこをしたそうに立ち上がる室内犬
室内犬用のトイレを家の室内に設ける場合、どのようなことに気をつけて設置すればよいか?また、犬の習慣や癖についても考察しています。独り自宅でお... 続きを読む≫
こちらを見つめるボロニーズの子犬の写真
小型犬を飼う醍醐味である室内飼育。どうしても避けて通れないのはノミやダニ、ハウスダストといったミクロの害虫や皮膚疾患の原因となりうる雑菌との... 続きを読む≫
しつけの訓練を受ける小型犬の子犬
室内飼育している愛犬が粗相のない成犬に育つためのトイレトレーニング方法です。犬がトイレをしたくなるタイミングで飼い主さんがトイレへと誘導する... 続きを読む≫
室内でぐったりして飲み物にありつく犬
犬は私たち人間と異なり発汗による体温調節ができないため、熱中症を患いやすく、症状が出ているときには見過ごすことはできません。早期に症状に気づ... 続きを読む≫
熱中症でぐったりする犬
愛犬が熱中症と思われる症状になっているのを発見したら、まずは飼い主さん自身が冷静に応急処置に取り掛かることがとても大切です。慌てて冷やそうと... 続きを読む≫
夏バテして舌を出した室内飼育のパグ
夏場、猛暑日になるとついついエアコンの温度を過度に下げてしまいがちですが、室内犬を飼っているご家庭では適度な温度に調節して過ごすことも考えな... 続きを読む≫
涙やけの症状の疑いのあるチワワ
小型犬の人気犬種、トイプードルやチワワ、マルチーズなどに多く診られる涙やけという目の症状。涙やけはどのような事が要因で被毛の変色が起こるのか... 続きを読む≫